2007年09月13日

温泉の効能

横綱 朝青龍の話題が連日賑わっていますが
僕は全く興味が有りません

人にはそれぞれ事情が有り 朝青龍の今回の行動に批判的な人 寛容な人 双方いらっしゃるようで 環境も考え方も違う国民一人ひとりが 色んな意見をもつことは当然だと思います
結局 朝青龍の行動が どの程度非難されることなのか 結論は出ないと思います
個人的には そんなに大騒ぎすることかな?と思っていますが それも大相撲にさしたる興味があるわけでは無い僕の意見ですから 参考にもならないでしょうが

朝青龍の報道を見るとも無く見ていたら モンゴルの温泉療養施設のことが 報道されていました

温泉の効能については 僕の考えは 「効能は無い」 と言うものなのですが 何処の温泉に入っても 効能と禁忌症が掲示してあります

なるほど 禁忌症に関しては 出血性の傷がある方や 高血圧の方 心臓が弱い方 等々 明らかに温泉に長い時間浸かるには不適な方がいらっしゃいます
ですが これは 別に温泉ではなくとも 普通のお風呂に入るにも注意が必要な方々ですので
温泉の禁忌症と書かれていることに 若干の違和感を感じてしまいます


一方 効能についてですが

http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/4f/kounou.html

温泉の効能に関して 以前から興味と疑義を感じていた僕は 上記のようなサイトをいくつか検索して見てまわったのですが
見れば見るほど判らなくなるというのが実情です

温泉に特定せずに 入浴全般と言う事であれば リラックス効果や身体を温めて血行を促進する等 顕著な効果有りということは納得できるのですが ことさら温泉に限って 効能が有る という事は 一体全体 事実なのでしょうか

効能書きには 「○○に効能があると言われています」のような記載が多く見られます

言われています というのは微妙な表現です


ある化粧品を個人で作ってある方のお話を聞いたことがあるのですが
彼曰く
「市販の高級化粧品には 香料やビタミンC配合などを謳い文句にしていますが 肌への効果は有りませんよ」 とのことでした

この真偽も定かでは有りませんが なるほど 香料は香りですから 直接お肌への効果は無いかも知れません
ビタミンCに関しては お肌に良いことは科学的にも証明されているようですが 塗るよりも食べた(飲んだ)方が効率的に吸収されると言われれば これも納得してしまいそうです

果たして 化粧品にしても 温泉にしても 人間の身体の表面から吸収する成分は どの程度の効果を発揮するものなのでしょうか

これを科学的に研究している期間は有るのでしょうか

僕に関しては 硬いと感じる普通のお風呂 それに比較し トポッと浸かり 肌に纏わり付くようなヌルヌルの温泉
気持ちの良さは別格で 温泉の素晴らしさは 声を大ににて叫びたいところですが それでも 効能に関しては ???としか思えません

どなたか そういう事を明確にされているサイト等をご存知でしたら 教えて戴きたいところです



人気ブログランキング参加しました

banner2.gif
タグ:温泉 朝青龍

posted by リッツ at 11:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 温泉つれづれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。