2008年02月18日

平山温泉 華の番台A

平山温泉 華の番台A

前回の続きで 平山温泉の華の番台のお風呂のこと等を書きます

その前に 僕等が初めての温泉に入るときは それなりのルールがあります
と言うのも 期待して入った温泉 お湯が気に入らないときは 時間がもったいないので早々に切り上げることにしています
ですから かつて知りたる温泉の場合は上がりの時間を決めて入りますが 初めての温泉の場合は その時間を決めることが出来ないので 一度入ってどちらかが連絡をすることにしています
今回は 入浴開始が14時30分 そして僕が15時に彼女にメールを入れることに決めて 互いのお風呂へと向かいました

男湯の入り口です

DSCF7952.jpg

これは何でしょう?
和洋折衷? まあ「洋」の要素はあまり有りませんので「和」なのでしょうが 東洋的ではあります バリの匂いもかすかに有るような無いような

短い通路を通って 出ました 「バリ風」です 良いぞ!

DSCF7953.jpg

DSCF7954.jpg

格子越しに見える脱衣場の様子もなかなかです(少しケバイ?)

DSCF7955.jpg

ヒンヤリとする脱衣場 片隅にはマッサージコーナーも

DSCF7956.jpg

さてお風呂は?

先ずは 広さの割には十分に用意された洗い場で 身体全体を洗いますが
出てきたお湯はヌメッとして 平山のお湯です そうかな?
結構ヌルヌルしてます そうかな?

「平山温泉のお湯って こんなだったっけ?」

たしかにヌルヌルするお湯ですが あまりたいしたことは有りません

身体を洗うのももどかしく 早く浴槽に浸かりたい
初めて浸かった華の番台の内風呂
なかなかグッドです だけど何だか・・・

微妙なお湯なんです
確かに平山温泉のお湯 だけどヌルヌル度はあまりありません
僕等が住む福岡近辺のお湯とは比べ物にならない素敵なお湯ですが 平山温泉でこの泉質は良いのか?
そんな疑問がふつふつと湧きあがります

よし露天だ

十分に暖まる間もなく露天に向かいました
ぬるい!
かなり寒い日で このヌルさでは 風邪をひきそうです
熱風呂好きな僕には我慢ならないぬるさで ここも早々に退散です

平山温泉では 普段大好きなサウナにはめったに入りません
露天を早々に逃げ出して内風呂にしばらく浸かりましたが
身体が温まることも無く 洗い場で2回目の身体を洗っている最中にも 身体が冷えてきて
思わずサウナに飛び込み 身体を温めてお風呂を出ました
僕の感覚では 丁度15時くらいだろう

ここは出よう

彼女にメールを入れたとき 時間は15時5分でした 少し遅れましたが 彼女もメールを見て ほどなく出て来るだろう

僕はそのまま着替えをすませ 受付前のロビーで彼女を待ちました

出来ればお風呂の内部の写真も撮りたいなと思っていたのですが
何だかすっかりその気も無くなってしまいました

エントランス前のスペースで彼女を待つ間に 仕方ないから男性用の露天風呂のかすかな様子を撮ったのが 下の写真です

DSCF7960.jpg

福岡県内にあれば まずまず指折りの素敵なお湯なのですが
折角平山温泉に来て この泉質では入る気にはならないというのが 正直な感想です
それでも 泉質は好き好きですから 普通の温泉でも十分に楽しめる方々には 設備も新しく清潔なここ華の番台は 行かれて損の無い温泉だと思います

彼女から連絡が入ったのは15時30分
「もうすぐ出るから待っててね」
ハイハイ判りました だけど寒いよ〜

そして彼女は16時丁度に出てきました

「15時にメールを確認したけど 入ってなかったので そのまま入っていて良いんだろうと思った」とのこと
僕のミスだから仕方ありません いつもこの調子ですから気にしない気にしない

彼女曰く 「全然ヌルヌルしなくて ぬるくて あまり良くなかったね」
僕曰く 「そうだね がっかりしたね」
僕の心の声(それならもう少し早めに出てくれば良いのに・・・) を飲み込んで

「よし ほたるの長屋に行こう そこなら絶対間違いない 多分・・・」

という事で ほたるの長屋に行ったかと言えば そうではありません

この続きは近々


人気ブログランキング参加しました

banner2.gif

posted by リッツ at 15:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | 温泉つれづれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。