2007年02月14日

ガイドブックについて

バリ旅行が決まってからは、出発の2ヶ月前くらいから、バリのガイド本を買い漁りました。

全くの初心者だったので、ガイド本は大変役に立ちましたし、何よりも事前にイメージを膨らませる楽しみと言うのが、なかなか捨てがたいもので、旅行も楽しいのですが、その予行演習代わりの本でのイメージ旅行も、これまた格別です。

そして、最初の旅行は、不安だったので当時手元に有った7冊くらいの本を全部持って行ったのですが、兎に角重くて閉口しました。
現地でも、実際に街に持って行けるのは小型の本1冊と、折りたたみ式の地図くらいで、残りはホテルに置いてました。ホテルでも、遊ぶ時間が惜しくて、ゆっくり本の情報に目を向けるなんてもったいなくてなかなか出来ませんでした。
やっぱり事前にチェックして、関連ページだけ切り離して持っていくとかの工夫が必要なようです。

地図は、必需品ですね。無くても何とかなるのでしょうが、時間のロスが大きくて、僕は現地では本の情報よりも、地図の情報でタイムスケジュールを考えて、計画を練りました。

僕達が参考にした本を、一応紹介しておきます。



 Rbるるぶ バリ島

 最初に買ったガイド本が、この”るるぶ”でした。
 年1回発行のようで、2005年版は地図は誌面の記事内
 だっ たのですが、2006年版では、取り外せる地図に
 なったので重宝しました。

 表紙が素敵で、真っ先に手が出たガイドブックです。
 中に掲載されている写真も綺麗で、もっぱら観賞用ですね。
 これ一冊でも、必要最小限の情報と知識は身に付くと思い
 ます。








 まっぷる バリ島

 上記の”るるぶ”と一緒に買ったのが、この”まっぷる”
 です。
 こちらは表紙がちょっと殺風景で・・・と思ったのですが、
 中の写真は美しいです。
 ”るるぶ”よりも少しだけ紙の質が良くて、綺麗な反面、
 少し重いのが難点かなと感じました。

 だけども、部屋で読むには最適で、こちらも必要な情報は
 網羅されています。
 じゃあ何で2冊も買ったの?との問いには、色々理由があ
 ります。







 地球の歩き方 バリ島

 これはもう、情報量が凄いです。小型本なので、掲載された
 写真を楽しむにはイマイチで、老眼の僕には辛いサイズです
 が、普通の視力の方なら何とも無いと思います。

 因みに、僕は1764円で購入したのですが、1259円の
 価格がついてますね。ムカツク!!

 当時はネットのことがあまり判らなくて、足繁く本屋さんに
 通ったものです。
 それはそれで、ひとつの楽しみでもありますが。








 いい旅・街歩き バリ島

 こちらも負けず劣らず、たいした情報量ですが、地球の歩
 き方よりもページ数は少ない。
 紙の質が良いので厚くなりますから、その分ページが少な
 いのは、まあ、やむを得ません。

 紙が良い分、外見が変わらずいつまでも綺麗ですし、中の
 記事も大変見やすいです。

 これは僕は1260円で購入しましたが、ムム!?何と、
 579円とは超安い。
 良い本ですよ。







 バリ島で極める癒される休日

 う〜ん、この本は微妙です。
 ガイドブックじゃなくて、何でしょうか・・・
 僕は全然ハズレだったこの本ですが、1380円で買った
 この本が、オークションの価格で3985円と言う価格が
 付いてます。

 在庫が無いとの事ですから希少価値で値が付いたのでしょ
 うか、不思議な話です。
 内容もスカスカで、ぱらっと捲って読み終えました。
 1000円ならば、僕も売りたいです。
 まあ、僕がわからない良さがあるんでしょうね。





バリに関する本に自分達が行ったお店が載ってたら、それだけで嬉しくなるのですが、膨大なお店の量ですから、相応の有名店じゃない限り、おいそれとガイドブックに掲載されることは少ないようです。
ガイドブックのルートが違うだけで、掲載されるお店は大きく変わりますから、僕達は何冊も購入しました。
ツアーガイドブックツアーと言う、訳の判らない新しいジャンルを今後とも続けて行こうと思う今日この頃でした。



続きも読もうかなと思う方は、ポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

banner2.gif

posted by リッツ at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | バリ島 役立情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。