2007年03月04日

嬉野温泉 ハミルトン宇礼志野

嬉野温泉でのお気に入りといえば ハミルトン宇礼志野です

嬉野の町から少しだけ離れた高台に ひっそりと建つ小型ホテルですが レトロ風洋館の佇まいは 他の嬉野の旅館群とは一線を画する趣を呈しています

今回は一泊二日の小旅行で 部屋をワンランクだけ上げた安いパッケージ旅行で カップルプランです
食事は 夕食はレストランでのイタリア風ディナー 朝食は同じレストランでバイキング その他 30分の体験スパの無料オプションが付いていました

嬉野温泉 ハミルトン宇礼志野

チェックインを済ました僕達は ワンランク上げた部屋の広さを喜び シングルベッドの大きさにも目を見張りました
これだったら絶対に落ちる心配は無いと思いました

荷物を置く時間も惜しんで お目当ての温泉に向かい 小さ目とは言え 設備が新しく雰囲気も良く 極上のヌルヌルのお湯と 三拍子揃ったハミルトンの温泉を堪能しました

嬉野温泉 ハミルトン宇礼志野

嬉野温泉 ハミルトン宇礼志野

少しだけ部屋で落ち着いた二人は 温泉ですっかり空腹になったお腹を我慢します 夕食の時間まではまだまだあります
そして予め 夕食前に時間をセットしていた体験スパに向かいました
30分のスパで 狭いスペースでしたが 雰囲気はなかなか宜しく 僕は上半身 彼女は下半身のスパを 同じ部屋で楽しみました
スパの前には バリ島のスパ・ハティから指導のために期間を定めて派遣されているという二人の若者を紹介してくれました
フォーハンドマッサージを耳にしたのはこの時が初めてでした

僕達がこの1ヶ月後にバリに行くことを告げると「是非スパ・ハティに行って下さい」と言われました
この時は 何も判らないので「メイビー」と答えてましたが その後実際にスパ・ハティに行って この時の出会いを思い出し 感謝もしたものでした

マッサージ自体は 体験スパですから いかほどの物でも有りませんでしたが 雰囲気が良く 十分に満足できるものでした

嬉野温泉 ハミルトン宇礼志野

嬉野温泉 ハミルトン宇礼志野

体験スパも終わり 待望のディナーの時間が来ました
僕達は二人ともグルメじゃなく あまり高級なものは口に合いません
多分 専属のイタリア人シェフが腕を奮ったディナーはとても美味しいものだったのでしょうが お腹がへった僕達にはどれも美味しいもので だけどコメントするほどの知識も経験もありませんので 普通に美味しかったと評しておきます

嬉野温泉 ハミルトン宇礼志野

食事を終えて部屋に戻った僕達は 岩盤浴の文字に目を止め 宿泊者割引で受けられる岩盤浴も体験することにしました 初体験です
岩盤浴も最高に気持ちが良かった
サウナや入浴ではあまり体験できないことですが 下半身までびっしょりと汗をかきました
年齢が加われば 段々と下半身からの発汗が減少して行くと聞かされていましたので 足にも汗をかいた自分の姿を見て 「若返りの効果があるかも?!」と感じました

今では珍しくもない岩盤浴ですが 僕達の地方では 当時(まだ2年も経っていませんが)はまだまだ珍しいもので これも楽しい思い出です

岩盤浴を終えても まだ夜の10時前
宵っ張りの僕達は ふらふらと嬉野の町に散歩にでかけました
5分も歩けば街の中に入るほどですから 狭い街です 嬉野は

何をするでもなく 街をブラブラし 高級料理に口が合わなかった僕達は 町の小料理屋さんで トコロテンや冷麺を肴にビールを飲み 午前零時を回る頃 ホテルに戻り 最後に一風呂浴びて楽しかったハミルトンの初日を終えました

翌朝も早くから起きて温泉に浸かり 美味しい朝食に舌鼓を打ち
バー兼コーヒーハウスでゆったりとし チェックアウトを済ませました



続きも読もうかなと思う方は、ポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

banner2.gif

posted by リッツ at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉つれづれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35178582

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。