2007年04月12日

平山温泉 平小城温泉城山公衆浴場

美感遊創(三加和温泉)の湯感に度肝を抜かれた僕達ですが もうひとつ目的を持っていました

九州最高のヌルヌルと評判の高い 平山温泉の 平小城温泉城山公衆浴場 にも行ってみよう ということです
なんと長い名前でしょうか
或る程度 ネットで位置や佇まいは理解していましたので 三加和温泉に程近い平山温泉は 車なら5〜10分の距離? 直ぐに見つかるだろうとの気持ちでした

平小城温泉公衆浴場には ふたつの驚きを感じました

ひとつは なかなか見つけることが出来なかったということです
一部のマニアの間だけでも 九州一の誉れをとる公衆浴場なら 平山温泉に着きさえすれば 直ぐに見つかるだろうと思っていました

実際に 平山温泉には直ぐにつきました
途中の案内板を見つけ 目当ての平小城温泉城山公衆浴場を探しますが どうやら案内板には記載されていない模様です
それでも 街中に入れば 直ぐに判るだろう 判らなくても 通っている人に聞けば無問題 その程度に考えていました

だけど 平山温泉の町並みって どこにあるんでしょうか
途中で数件の温泉宿がある地域を通りぬけ この辺りが平山温泉で或るはずで 実際に案内板もそう記載してありますが どこが中心部なのか 皆目見当もつきません

通行中の地元の人に尋ね それらしき場所を教えて貰い それらしき場所に行ってみましたが見つかりません
近所のお店に入り聞いてみますと 知らないと言われ 車で何度も何度も同じ道を通って探し回りますが 全く見つけることが出来ません

「今日はもう帰ろうか? 美感遊創ですっかり満足出来たし もう公衆浴場は無くなってるかも知れないね」

そんな話をしながら 薄暗くなった空を見て諦めかけていました

最後の望みで もう一度だけ 今まさに閉店の準備中の農協販売店に入り そこの女性の店員さんに尋ねました

「城山公衆浴場を探しているんですが どうしても見つからなくて もしご存知なら教えて戴けませんか」

「ああ 判り難いから見つかりませんよ」

店員さんは 懇切丁寧に場所を教えて下さり すっかり合点承知した僕達は 勇躍目当ての場所に向かいましたが そこは 先ほど何度も何度も通った道で やっぱりそれらしき建物は見つかりません

もう何だか狐につままれたような気分になって 諦め半分 そして残りの半分は 先ほどの店員さんの言葉を信じて

絶対に公衆浴場には見えない 通り沿いの 民家 もしくは 小さめの集会場らしき建物の玄関へと 狭い道に入り込んで行きました

やっぱり公衆浴場じゃ無かった
だけど 念のため 何か書いてないか見てみよう
そんな気持ちで車から降りて 玄関の上を見ると

「平小城温泉城山公衆浴場」の看板が・・・

これじゃあ 100万年あったって 僕は見つけきれなかったと思いました

君は何と言う外観をしているんだ 全く

次回は二つ目の驚きを書きます


続きも読もうかなと思う方は、ポチッとお願いします。

banner2.gif

posted by リッツ at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉つれづれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38533009

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。