2007年06月28日

海外ロングステイするならどこが良い?

海外ロングステイが大流行のようです

めったにテレビを見ない僕ですが 最近立て続けに海外ロングステイの番組を目にしました

一つ目は マレーシアのクアラルンプール
続いて ハワイ

マレーシアは 老境を迎えた一般人の方々が 安い物価と穏やかな気候に惹かれ 少々の蓄えを基に 1年以上の海外生活を企図しようというもので なかなか丁寧に作られた素敵な番組でした

残念ながら マレーシアには行ったことはありません
マレー人が多いシンガポールには 一泊だけしたことがありますが クアラルンプールとは随分違うなという印象です

シンガポールでは 物価の高さ(特に住宅費や嗜好品)に驚いたのですが 番組では クアラルンプールがいかに安い生活費で快適な生活が出来るかという事が 何度も取り上げられていました

月8万円程度で 家賃も含めて 日本よりも良い生活が出来るとのこと
驚きです

一方 ハワイ編はガラリと趣が変わって 老境を迎えた芸能人夫妻が 1ヶ月のロングステイを ハワイで過ごそうというもので こちらは僕達の参考になるような内容ではありませんでした
住宅探しの段階から 景気の良い話がポンポンと飛び出します

ワイキキビーチを眼下に見下ろすアパートは一泊換算3万円程度だったでしょうか
ホテルで良いんじゃないかな そう思いながら見ていました
懸命に予算を気にされていて 結局落ち着いた先は 少しグレードを落としたコンドミニアムでしたが それでも一泊換算1万円は下りません

現実に海外ロングステイを考えているわけじゃありませんが チャンスが有ればとの前提で 考えることは楽しいものです

それでも 僕はハワイは頭にありません

英語も日本語も通じますので 言葉の不自由は感じませんし 十分な予算があれば ハワイはそれこそ魅力的な場所だとは思うのですが どうしても経済の問題は切り離せません

ちょっと自分なりに試算してみました

ロングステイ30日 ハワイと東南アジアとの比較

目的地         ハワイ         東南アジア
住居費        30万円           4万円
食費・飲み物     30万円           6万円
遊興費        12万円           4万円
雑費         15万円           3万円
航空運賃       15万円          15万円
 合計       102万円          32万円

前提条件も何も書いていませんが 夫婦二人の費用として大雑把に計算してみました
折角のロングステイですから たまには美味しいものを食べたり 遊びに行ったりということを頭に描いていますが 贅沢はしない前提です

もちろんハワイでも ひがな一日 ワイキキビーチで日光浴をして ハンバーガーばかり食べるつもりならば そんなにお金も掛からないでしょうが 何のためにハワイに行くのか意味が判りませんので そこそこの楽しみを含むものと考えました

ざっと計算してその差70万円

僕は東南アジアに行くつもりですから その差額の70万円をどう使おうかと悩みます

住居を10万円プラスして 少しグレードの高い部屋にしましょう
朝食と昼食はブランチにまとめて自炊しますが 夜は毎日 外食にしましょう プラス15万円です

やっぱり止めます

今のはリセットして 70万円の予算は 滞在日数を多くすることにします
30日間を 120日間に それでもお釣りが来ます

ところで100万円あったら 本当に東南アジアでの4ヶ月のロングステイは可能なんでしょうか?
何だかとても不可能に思えるんですが 何処かに間違いがあるのでしょうか?

う〜ん 僕には判りません

判らなくて良いんです 頭の中で 想像して楽しむだけですから 費用はタダです

人気ブログランキング参加しました 応援お願いします。

banner2.gif

posted by リッツ at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジャムゥ・Jamu
Excerpt: はじめまして、こんにちは。 バリ好きの和尚と申します。 今後のバリ探検の参考にさせて頂きました。ありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します^^
Weblog: バリ島 dan 裏バリ
Tracked: 2007-07-10 11:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。