2007年07月05日

バリ犬注意報!!

バリ大好き 犬大好きな 僕達ですが
バリと犬がセットになると どうもいけません

旅行前のガイドブックの情報等によれば バリで犬に噛まれたという話もちらほら聞かれ 特にウブド界隈をレンタル自転車で走行中に バリ犬に追いかけられて ガブリエルされたという話は 何度も聞かされ その都度笑いはするものの 考えてみると恐ろしい話です

日本の都会では 野犬を目にする機会が減り 飼い主に連れられて散歩中の 可愛い犬しか目につきません
実際にバリに行く前は それでも 犬が怖いというのはあまりピンと来ませんでしたが バリの町中を闊歩する彼らを見て はっきり認識しました

バリ 犬

代表的なバリ犬 ですが バリ犬の中でも強面の部類に入るでしょう
お決まりのように身体の一部の毛が抜け落ちて斑になっています
オーメンに出てくる黒犬か?と見まごうばかりの 恐ろしい風貌です

バリの犬達は 一様に表情が欠けています

僕らと目を合わせても 尻尾を振る犬なんてみたこともありません
物憂げに一瞥をくれて 表情の無い目をゆっくりと逸らしていきます

ある意味これはショックでした
犬という動物は 基本的には野生なのでしょうが 野良犬といえども 人間とかかわりを持ち 餌を貰い 時には吠え 時には擦り寄って来て 人間と何らかのコミュニケーションを交わすものだと思っていましたが

ここバリでは様子が違います
彼らはほとんどの場合 人間を無視します
人間には 何も期待してないぞ・・・
そんな意思を感じるような 視線を垣間見せます

バリ 犬

中には このような あまり怖くない外見の犬もいますが めったにお目にかかりません

そして 彼(彼女?)の目も やはり表情を感じさせない虚ろな目をしています

特にウブドは 犬の数が多く ジャランジャランの最中でも バリ犬と穴の開いた側溝蓋には注意をしながら歩いたものです
本当に怖いなと思いました


バリの旅行から帰国後 ふと目にしたテレビでは 狂犬病を話題にした番組が放映されていました

インドネシアは 狂犬病の要注意地域とされていました

お〜怖! 知らなかった・・・ 噛まれなくて良かった・・・


人気ブログランキング参加しました 応援お願いします。

banner2.gif

posted by リッツ at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | バリ島 役立情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46804113

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。