2007年06月19日

日航アリビラ

続く沖縄でのホテルは日航アリビラにしました

どういう経緯で日航アリビラを選んだのか 全く覚えていませんが 部屋が少し広かったのか もしくはコストパフォーマンスが良かったのか その辺りだと思います

沖縄の通常のホテルは スタンダードならば 概ね32uくらいだと思いますが 日航アリビラは写真で見る限り 36u近くは有りそうな広さです
実際に 部屋が狭いとは感じませんでした

読谷村は初めて訪れる場所で サトーキビ畑が連なる中に 日航アリビラは聳え立っていました

赤いレンガと白の壁が印象的な 南ヨーロッパをイメージさせる造りです(何て偉そうに言いますが ヨーロッパなんて行った事もありません)

中に入って驚きました まさにヨーロッパ超の豪華で落ち着いた雰囲気で 床の絨毯もフカフカで 気持ちの良いものです

沖縄 日航アリビラ

沖縄 日航アリビラ

豪華な廊下を通り案内された部屋は 満足の行くものでした

玄関を開けると 廊下の向こうに 開放的なベランダと 沖縄の空が見えていました

ベッドも 床も 原色を大胆に使ったメルヘンチックな色使いで ロビーや廊下とイメージが変り 明るく開放的でワクワクするような部屋でした

沖縄 日航アリビラ

沖縄 日航アリビラ

ベッドも大きく ゆっくり眠れそうです
だけど バルコニーはチョッピリ残念でした

バルコニーが大好きな僕たちは ホテルの室内では多くの時間をバルコニーで過ごしたいのですが 日航アリビラのバルコニーは 開放的過ぎます

何だか部屋から突き出していて 格子だけのスッポンポン

彼女は一度バルコニーにでて 恐れをなして 出てきません
僕は 何気ない風を装って ゆっくり煙草をふかしますが 実は足がジンジンしていました

ロケーションはもう最高で 沖縄の青い空も コバルトブルーの海も 手を伸ばせば届きそうに感じるくらい 目の前に広がっています
だけど 一度目線が下を向くと 足先が ジーン 目の前が クラ〜リ
高所恐怖症の僕たちには ちょっと手に負えないバルコニーでした

沖縄 日航アリビラ

沖縄 日航アリビラ

室内に入り ソファーでゆっくり寛ぎ テレビを見ますが どうしても視線は海に
出来るだけバルコニーに近付かないようにしながら これ以上は無いという美しい海に 見とれていました




人気ブログランキング参加しました 応援お願いします。

banner2.gif

posted by リッツ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンソーレ! 沖縄

2007年06月16日

沖縄の海の色

沖縄の海に関する 僕の感想です

前2回の沖縄旅行では たまたま万座ビーチホテルの宿泊で 西の海岸は嫌と言うほど見ました
そして その海の美しさは 僕の数少ないリゾート旅行の中では際立つものだと思います

今回最初の宿泊地に選んだカヌチャベイリゾートは 反対に東海岸で 西海岸に比べれば リゾートとしての開発は遅れている印象でした

国内の海とは比較になりませんが カヌチャベイの部屋からは 遠くの町並みが見え おそらくそれは 嘉手納基地の方角を向いていましたし 人工物が多く見え 興を削がれた感は否めません

海の色もどことなく暗い そんな印象です

もともと今回の旅行
前年に 約10年ぶりくらいに仕事関係の旅行で沖縄を訪れ 一人で飛び乗ったバスの中から見た沖縄の海の美しさに 改めて目を奪われ この海の色を彼女と一緒に見たいと思って企画したものでした
彼女は20年以上前に 一度沖縄を訪れていますが 海が好きな彼女 沖縄の海の美しさの思いでは有っても 印象は随分薄らいでいたと思います

そして 二人で見る沖縄の海はきっと一人で見た海よりも美しい筈だと そう思っていたのですが 実はそれほどでも無かった・・・


二人して 綺麗だね 国内とは全然違うね そんな言葉を交わしながらも 心の奥のほうに

「沖縄の海って こんなものだったっけ?」

そんな疑問が付き纏っていました

21.jpg

カヌチャベイでの初日を終え 二日目は 海洋博記念公園へと向かいました

水族館はもう 圧巻でした
公園自体は3度目ですが 水族館に入ったのは初めてです

そして カヌチャベイに帰る前に少しドライブをと思い 西海岸を南下しました

そこには 本当の 期待した通りの沖縄の海がありました

22.jpg

これを見に来たんだな

写真はアナログ写真をスキャナで読み込んだもので 雰囲気は全然出ませんね 残念です

海辺のレストランで早めの夕食を摂りながら 綺麗な海を見れて良かったねと この時ばかりは二人とも 十分に満足して言葉を交わしました

グアム ハワイ バリ ケアンズ サムイ島 ビンタン島

僕の海外リゾートはこれだけです

この中では 海の美しさは沖縄が一番だと思います

タヒチ モルジブ サイパン/ロタ島 石垣島

何だか沖縄よりももっと綺麗な海が見れそうな観光地 沢山有りそうですが 僕はもう良いかなという感じです

これからも 機会があれば バリと沖縄を交互に訪れたいなと そんな風に思っています
だけど 時間とお金があれば もちろん全部行ってみたいな
当たり前ですね

白い珊瑚礁とコバルトブルーの海

南国リゾートは最高ですね

人気ブログランキング参加しました 応援お願いします。

banner2.gif
タグ:沖縄 旅行記

posted by リッツ at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンソーレ! 沖縄

2007年06月01日

カヌチャベイ・ホテル&リゾートA

カヌチャベイの僕らの部屋は1階です

玄関を開けると 目の前に廊下が奥へと続き 正面にバスルーム
玄関からは見えませんが 右手に リビングとベッドルームがあります

バルコニー

カヌチャベイ・ホテルで一番気に入ったのは バルコニーと浴室です
バルコニーは十分な広さがあり 部屋にいるときは 多くの時間をここで過ごしました
沖縄 カヌチャベイ ホテル

沖縄 カヌチャベイ ホテル
総ガラス張りとも言える浴室からも 沖縄の綺麗な海が見え 残念ながらしばらく入っていると曇ってしまう窓を 手で拭いながら 海が見える浴室の素晴らしさを堪能しました

好天に恵まれた梅雨の沖縄の翌朝 バルコニーから見える海は 刻々と色を変えて行きました

抜けるように明るいライトブルーとコバルトブルーに輝く海の中に 随分暗いダークブルーの海が混じっています
その部分は時には大きく時には狭く 微妙に位置を変えながら大きさを変えて行きます

だけど しばらくすると 海全体が 輝くような美しい青に染まっていました
どうやら 暗い部分は 雲が落とした影だったようです
沖縄 カヌチャベイ ホテル
沖縄 カヌチャベイ ホテル


リビング

適当な広さを保つリビングも それなりに快適でした
ソファーと小さな机と 少しだけの家具
とってもシンプルで落ち着いた雰囲気のリビングでした

そして リビングで寛いでいても やっぱり外の空気が吸いたくなって ついついバルコニーにでてしまいました

沖縄 カヌチャベイ ホテル
沖縄 カヌチャベイ ホテル
沖縄 カヌチャベイ ホテル


ベッドルーム

ベッドルームもシンプルでしたが シンプルを通り越して 殺風景という印象を持ちました

リビングとセパレートされていて 本当は使い勝手が良いのでしょうが 僕の好み的にはノーでした

何だか淋しい

沖縄 カヌチャベイ ホテル

カヌチャベイ・リゾートは広大な敷地を有しているため 敷地内はカートで移動しました

本当はカートは 運転免許を持っていなければならないのですが 免許を待たない彼女に運転の練習をして貰いました

まっすぐ進めず ワーワーキャーキャー言いながら運転する彼女を見ているだけでも 楽しくなりました

沖縄 カヌチャベイ ホテル

どこに行くにもカートです
僕が運転していたら 横から物欲しげな顔をして僕のほうをチラチラ見ます
「私が運転 私が運転 私が運転」
何だかそんな声が耳の奥で鳴っています

「運転 する?」

「良いの〜?」

何だか照れくさそうな だけど隠し切れない下心を湛えた笑顔で返事します

「良いとも!」 答える僕ですが 内心はハラハラです
だって 未だにまっすぐ進まないんですから

だけど この沖縄旅行中を通して
彼女が一番愉しそうだったのは このカートで千鳥足運行をしていたときですから

まあ いいか!



人気ブログランキング参加しました 応援お願いします。

banner2.gif
タグ:沖縄 旅行

posted by リッツ at 18:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | メンソーレ! 沖縄

2007年05月30日

カヌチャベイ・ホテル&リゾート 沖縄 @

カヌチャベイ・ホテル 沖縄

沖縄の海が見たい そんな衝動に見舞われて 沖縄旅行を計画しました

やはり宿泊するホテルの選択が 一番の悩みであり 楽しみでもあります
過去2回の沖縄旅行 何故か2度とも万座ビーチホテル宿泊だったので 今回は是非違うホテルにという思いと 沖縄の東部にはあまり行った事がなかったこともあり とりあえずはカヌチャベイ・ホテルを選択しました

だけど やっぱり海なら西部海岸かなとの思いも強く もう一つの宿泊は 日航アリヴィラに決めました

カヌチャベイ ホテル 沖縄

沖縄空港に降り立った僕等は すぐにレンタカーの事務所に向かい車をゲット
後は自由自在気ままな旅です
カーナビに任せて 沖縄では初のドライブです
カヌチャベイのチェックインまではまだまだ時間が有りますので
取りあえずドライブ

先ずは玉泉洞に行きました

この時のこと あまり覚えていません
5月だったので 沖縄は梅雨の真っ盛り だけど幸いに雨は降っていませんでした

本土よりは幾分暑いのですが 暑いのが大好きな僕らには 全然物足りない暑さでした
それでも 玉泉洞を巡り 地上に生還した時点では うっすらと汗ばんでいました

玉泉洞を後にして 海が見たいという気持ちで 知念岬に向かいました

海は直ぐに現れました

やっぱり沖縄の海は別格です

知念岬でのことも あまり覚えていません

ホテルが大好きな僕等は 本当はまっすぐカヌチャベイ・ホテルに向かいたかったんだろうと思います

知念岬を後にし どこかでティータイムをと思い 海辺のレストランを探しましたが 適当なところを見つけることが出来ず だけど途中で カフェの看板を見つけ 山道を駆け上がりました
そこで見つけたカフェ
覚えていません そこでお茶をしたのかどうかも 覚えていません

いかんいかん 老化の兆しが・・・

カヌチャベイ ホテル 沖縄

あれやこれやで ようやくカヌチャベイへチェックインです

広大な敷地に侵入し 大きな大きな駐車場に車を停め フロントへと徒歩で向かいます

チェックインを済ませ部屋へと案内されました

新しいタイプのリゾートなんだなと思いました
低層の建物を棟毎に敷地内に配し 僕らの区画はアゼリアという棟名でした

見ると部屋の前には専用駐車場が設けてあります
これは楽です
早速車を専用駐車場に移動しました
これで 部屋から数十秒で車に乗り込むことが出来ます

カヌチャベイ ホテル 沖縄

部屋は まあまあ素敵でした
広いバルコニーから 沖縄の綺麗な海が見えます

だけど 少しだけ暗い

僕等が普段見る海とは 全く似て非なるものです
コバルトブルーに輝く海は エキゾチックで 今まさに 沖縄に来ているんだな〜と実感させてくれます
僕が行った海外リゾートのどこにも引けを取らない沖縄の海 むしろ海の美しさでは その中でも最高部類だと思います

だけど こんなものだったっけ? 沖縄の海は

カヌチャベイ・ホテルのバルコニーからの海に感激しながら 心の奥底に若干の失望感を感じていました


次回は カヌチャベイ・ホテルの部屋を 紹介したいと思います


人気ブログランキング参加しました 応援お願いします。

banner2.gif

posted by リッツ at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンソーレ! 沖縄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。